スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TNG

こんにちは。


学校がある日の昼食はいつも学食。
伊都にもっと食事どころがあればいいんですけどね。
できたところで移動するのが面倒くさそうだけど。

学食にはたくさん席があるわけです。
いつもはレジ近くで食べることが多い。
何人かで食べるときは人数分の席があるところ。

ですが、先日は席がなかったものですから、入り口のドア近くに陣取りました。

これが間違いでした。
ドアが開く度に冷気が入ってきます。
冬はドア付近に座るのはやめよう。

それにしても、あのドア開きすぎでしょう。
ご飯食べながら、ドア開く度にみんなでドアのほうを見ていたら、やがてドアメインで食事がサブになっていました。

学食のドアは自動ドアで、内側と外側の二重構造になっています。
ドアとドアとの間に緩衝地帯があるんですね。
内側外側の両方にドアは2つ設置されています。
だから、少なくとも、内側と外側の1つずつ開かないと、冷気は入ってきません。

ただ、みんな緩衝地帯では立ち止まらないので、二重構造の意味がないのです。

外側では右側のドアを通ったら、まっすぐすすんで内側でも右側を通るのが普通だと思うんですが、斜めに進む人もかなりいるんですね。
いろいろ観察してると面白い。
7人が一斉にドアを見ている光景は、入ってくる人にとっては奇妙だったことでしょう。
何人かこっちを二度見してた。

そんな感じで20分ぐらいずっとドアを見てました。
そしてドア前にやってきたのが、同じクラスのTくん。
「あんまりドアを開けられると寒い」とTくん。
「だからローソン側のドア(こことは別の場所にある)から出てくれ」とTくん。
「よろしく頼んだ」とTくん。
「よろしく」とTくん。
その間、Tくんはずっとお茶を飲んでました。
あ、今出てきた「Tくん」はすべて別の人物ですからね。

状況を把握した(最初の)Tくんは、内側右のドアからまっすぐ出ていきました。
さすがTくん、ちゃんと分かっていらっしゃる。
とか感心していたら、外側左からまた入ってきました。
全ドア開けやがった。
そして、ローソン側のドアから出ていきました。
いやもう、寒いんだから。

それからしばらくして来たのは、昼食を食べ終わった同じサークルの1年生、HRIくん。

右側からやってきた彼は、内側右のドアの前を通り過ぎて内側左のドアから出る。
この時点で、内側のドアは両方とも空いている状態です。

そして、外側右のドアに向かって斜めに進む。
結局右から出るんだったら、内側右のドアから出ればよかったじゃない。

と、ここで終わらないのがHRIくん。
外側右のドアから出ようとする直前で、左に方向転換。
外側左から出ようとして、また右に方向転換し、外側右から出る。
結果、彼はすべてのドアを開けていきました。

その後もずっとドアを見てましたが、一人ですべてのドアを素で開けたのは彼一人だけでした。
寒い。


では。

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

プロフィール

たなつね

Author:たなつね
生年月日:1992年8月27日(21歳)
性別:男
血液型:B型
現住地:日本 佐賀県佐賀市
職業:大学生

ブログランキング

最近の記事+コメント

月別カレンダー

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

カウンター

ブログ内検索

ブログバロメーター

リンク

ジョギングの記録

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
10469位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大学生
355位
アクセスランキングを見る>>
Copyright © たなつね
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。