スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コアセミ発表

こんにちは。


文学部では、というかすべての学部で、「コアセミナー」という授業があります。
20人弱という少人数で行うもので、「この学部はこんなところだよ」ってのが分かる素晴らしい授業(という建前)です。

このコアセミナー、発表しなくちゃいけないんですね。
「はい」って手挙げるのじゃなくて、自分でいろいろ調べてきてそれを発表するんです。

僕のところの場合、「独文学」「社会学」「中国哲学史」「日本史学」から1つ選んで発表します。
なんやかんやあって、僕は日本史学になりました。
日本史学……、僕、高校のとき日本史やってないんですけどね。
そんな、日本史の知識ないですよ。

発表のテーマは『関東大震災と○○』。
関東大震災が起こったころの人物と震災の関係について調べて来いということです。
関東大震災が起きたとき誰が生きてたか知らない……。

高校の日本史の教科書に載ってる程度の人物出して、それでいろいろ突っ込まれたら怖いので、芥川龍之介を選びました。
まあ、国語の教科書に載ってた『羅生門』ぐらいしか読んだことないですけど。
それでも文学部。

図書館でいろいろ調べましたよ。
地下の、ほとんど誰も来なさそうな書庫から、芥川龍之介全集とかいうのを引っ張り出してきました。
それで、まあ、いろいろ調べまして。

発表形態は特に指定はありません。
でも、他の人たちはみんなレポート形式です。
そんな中、目立とうとして、パワーポイントでプレゼンすることにしました。
これならたくさんタイピングしなくていいからね。

発表ではウケを狙ってみようかなと思って、ネタを交えた原稿を作っていました。
ですが、最初の、ネタで言ってるのか真面目に言ってるのかよく分からないようなネタを言ったとき、あんまり場の雰囲気が盛り上がらなかったので、真面目路線で行くことにしました。
この判断は正しかった、はず。

発表をした後には質疑応答のコーナーがあります。
「発表を聴いたら質問をするのが礼儀」というのを、先生は「落語を聴いたら笑うのが礼儀」という例えを使って説明されていました。
おっしゃる通りなんですが、発表する側としては、自分が調べてない領域の質問が来たらどうしようとか思っているわけです。
僕には2つ質問が来まして、1つ目は無難に答えられたと思いますが、2つ目がそれでした。
「それについては詳しく調べてないので」とか言えばよかったんですが、ちょっと何言ってるか分からないような応答をしてしまいました。
うん、まあ、うん。

僕の後で発表した女子の人はところどころ面白いこと言って、それなりに和やかな雰囲気になってた。
僕もネタ路線で行けばよかった。


では。

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

プロフィール

たなつね

Author:たなつね
生年月日:1992年8月27日(21歳)
性別:男
血液型:B型
現住地:日本 佐賀県佐賀市
職業:大学生

ブログランキング

最近の記事+コメント

月別カレンダー

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

カウンター

ブログ内検索

ブログバロメーター

リンク

ジョギングの記録

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
11842位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大学生
406位
アクセスランキングを見る>>
Copyright © たなつね
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。