スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

迷路

こんにちは。


今、妹が入院しています。
耳のなんとかとかいう病気で、おととい手術が行われました。
術後は特に問題ないようです。

昨日、お見舞いに行ってきました。
行きたくなったら行こうかなと最初は考えていましたが、後になって行かざるを得ない状況になりました。
ずっと病院にいる母のもとに、夜ご飯を買って持ってきてほしいと。
行かざるを得ない。

入院先の病院は自宅からやや遠めですが、先週の自転車旅行に比べればなんてことありません。
いきなり降ってきた夕立には困りましたけど。
病院に行く道の途中で、お弁当とかその他もろもろを購入しました。
いろいろあって一時間かかりましたが、無事に病院に到着しました。

この病院は、つい最近、病棟が新しくなったそうです。
といっても、自分一人でこの病院に来るのは初めてなのでよく分かりませんけど。
駐車場管理のおじさんに案内され、自転車置き場までたどり着きました。

自転車置き場は奥まったところにあったので、病院の玄関がどこにあるかよく分かりませんでした。
明らかに正面玄関ではなく職員通用口みたいなところですけど、ドアを見つけたので、そこから中に入りました。
人の気配はありませんが、関係者以外立ち入り禁止とか書いてないので入っていいみたいです。

病室は4階と言われていたので、とりあえず上を目指しました。
入ってきたドアの近くに階段があったので、そこを上りました。
それで2階まで行きましたが、その先には階段がありません。
この階段は2階までみたいです。

2階もまた、人の気配がありません。
照明も薄暗くなっています。
どこかに階段があるはずと思って、廊下を歩いていきました。
数ある部屋にある表示を見てみると、「副院長室」とか書いてあります。
お見舞いに行く人がこんなところ通るのかなあと、なんだか不安になってきました。

渡り廊下みたいなところがあったので、そこを通って南側の建物に行きました。
ここの建物も人の気配がなく、薄暗い照明です。
階段を探しながら歩いていると、向かい側から人が歩いてきました。
普通にすれ違いましたが、どう見ても患者さんとかお見舞いに来る人とかの格好じゃなかったんですよね。
ここに勤めている人みたいな感じでした。

それからまたしばらく歩くと、女の人3人の姿が見えてきました。
3人とも、白衣を着ていました。
その人たちのほうを向いてみると、「お疲れさまです」と言われました。
「(遠いところからのお見舞い)お疲れさまです」というふうに解釈するのはちょっと難しいです。
これはどうやら、僕がこの病院で働く人だと思われているみたいですね。
制服を着ていたので、白シャツが白衣みたいなのに見えたんでしょうか。
ちょっとこれ、道間違えたみたいです。
というか、絶対に間違えてます。

どうしようどうしようと焦っていると、やっぱりこの病院に勤めていると思しき人が「お疲れさまです」と言ってすれ違っていきました。
すれ違った後、背後にいるその人から声をかけられました。
「病棟に行かれてるんですか?」「はい」
「でしたらこの建物ではないですよ」
やっぱりそうですよね。

その人に途中まで親切に案内してもらいました。
「つきあたりを右に、その先を左に曲がって……」とか聞きました。
「病棟が新しくなったので迷いやすいんですよね」とも言われました。
で、ですよね。僕以外にも間違ってる人いるんですよね。

その人に言われた通りに進んで、ようやく病棟へとたどり着きました。
薄暗い照明も明るくなりました。
エレベーターを使って4回まで行き、妹の病室へ。
エレベーターの中では、小学2年生くらいの子からガン見されつつ、息を整えていました。

病室にあった病院内の地図を見てみると、自分が全く逆の方向に行ってたことがよく分かりました。
ドアから入るところまでは良かったんですが、それからすぐに2階に行ったのが間違いでしたね。
放射線なんとか棟まで行ってました。

帰りは、院内案内地図を頭に叩き込んで、細心の注意で正面玄関までたどり着きました。
まあ、この道を何も見ずに一発で行けって言われたら、ちょっと難しいかもしれません。

地図の大切さを、身をもって実感しました。


では。

Comment

2010.08.08 Sun 01:16  |  

>ガン見されつつ
のガンってとこだけちらっと見えてドキッとしました。
うん、さすがに小心者すぎだ。

妹さん、無事なんですよね。

  • #-
  • よっしー  
  • URL

2010.08.08 Sun 23:50  |  

妹さん、大丈夫でしょうか。
わたしは、手術後に暴れたことがあるから…。

病院で迷う→おばけ的なものに遭遇?
っておもってたんで読んでて怖かったです。

  • #fX09dqyY
  • あやちぃ
  • URL
  • Edit

2010.08.12 Thu 23:48  |  コメントの返事

>よっしーさん
いや、もう、本当に大したことないですから。
きょう退院しました。

>あやちぃさん
むしろ静かすぎるくらいです。
すっかり暗くなってから、病院の建物の裏に自転車を取りに行くときはおばけ的なものに遭遇したかも。

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

プロフィール

たなつね

Author:たなつね
生年月日:1992年8月27日(21歳)
性別:男
血液型:B型
現住地:日本 佐賀県佐賀市
職業:大学生

ブログランキング

最近の記事+コメント

月別カレンダー

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリ

カウンター

ブログ内検索

ブログバロメーター

リンク

ジョギングの記録

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
11587位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大学生
400位
アクセスランキングを見る>>
Copyright © たなつね
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。