スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年、アメリカ崩壊

こんにちは。


中2の夏、「ジョン・タイター」という人物のことを知りました。
中2の夏といえば、僕が男子バレーボール部の部長に選出されたころです。
中2の夏といえば、僕がこのブログの前身となるものをYahoo!ブログに設立したころです。

このジョン・タイターとは、2036年からやってきたタイムトラベラーのことです。
戦争により破壊された古いタイプのコンピュータを入手するために、2000年に現れたとされています。
彼が未来からやってきたという証拠はありません。
けれども、彼が言っていることはデタラメだと言える証拠もありません。
タイムマシンが発明されるかは、2036年になるまで分からないのです。
僕は信じているというわけではありませんが、彼の予言には興味を持っています。

彼は、次のようなことを予言しました。

2004年を最後に、オリンピックは中断される。
2005年、アメリカで内戦が発生する。
2011年、アメリカが崩壊する。
2015年、第三次世界大戦が勃発する。
日本は、台湾や韓国とともに中国に併合される。

他にもいろいろ予言していますが、まあこんなものですね。
上二つは外れています。
北京オリンピックが中断されるのではないかと危惧していましたが、無事に開催されました。
もっとも、彼自身、自分が発言したことにより未来が変わるということを言っています。
ただ、それを言っちゃうとすべての説明がつくので、あまり信用できません。

とまあ、こんなことを熱心に調べていました。
部活の先輩の前で話したものです。
別に自分から話しかけたわけじゃないですからね。

これと同じくらいのとき、宇宙人についても調べていました。
宇宙人は地球に来たかっていう話。

そもそも宇宙人は存在しないから、地球に来るはずがない。
宇宙人は存在するが、文明の差により地球には来ることができない。
宇宙人は地球に来たが、政府等の圧力により公表されていない。
宇宙人は地球に来たが、人間の目はその姿をとらえきれない。
宇宙人は地球に来ており、それが人類の祖先である。

などなど、いろいろな説がありますが、僕の興味をそそったのは下二つですね。
人間の目が捉えきれないってのは、別次元にいるため認識できないってことです。
三次元空間にいる我々は、たとえば五次元にあるものは認識することができません。
また、三次元に宇宙人がいたとしても、それは物体ではない。
我々が目にしているものには形がありますが、そもそも形という概念におさまらない。
うまく言えませんが、もうなんか人類には想像できない世界みたいな感じです。

もう一つは、人類の祖先は遡っていくとサル、とかじゃなくてどこか別の星から来た宇宙人なんじゃないかっていう説です。
現在唱えられている進化論を否定する考え方ですね。
もしくは、地球上に最初に生まれた生命体は、地球外から持ち込まれたものって考え方もあります。

タイムトラベルのことも、宇宙人のことも、調べていくと奥が深いです。
たどり着いた先には何もないのかもしれませんが、すごく興味深くて面白い。
ほんと、こういう話好きです。


では。

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

プロフィール

たなつね

Author:たなつね
生年月日:1992年8月27日(21歳)
性別:男
血液型:B型
現住地:日本 佐賀県佐賀市
職業:大学生

ブログランキング

最近の記事+コメント

月別カレンダー

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

カウンター

ブログ内検索

ブログバロメーター

リンク

ジョギングの記録

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
12286位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大学生
416位
アクセスランキングを見る>>
Copyright © たなつね
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。