スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘッドハンティング

こんにちは。


タイトルは『拉致』でもよかったのですが、ここはポジティブにしておきます。

今日は3年生になってはじめての体育の授業でした。
まずはじめはオリエンテーションから。
当面の選択種目を選びます。

雨天時の選択はすんなり決まりました。
3年連続で卓球です。
去年は工事でピロティが使えなかったのでビリーをやったりしていましたが、今年は大丈夫なようです。
そういえば、今年は体育館の工事をするとかいう話でしたが、そっちの方はどうなんでしょうか。

晴天時は、ソフトボール・バレーボール・テニス・バドミントンの4つからの選択です。
4月~6月と10月~12月の前後期があるのですが、前後期で同じ種目を選んではいけないルールです。
今回ソフトボールを選べば、2学期にまた選ぶときはソフト以外の3つからの選択ということになります。

テニスとバドミントンは、ラケットを自費で購入しなければならないので、あんまり乗り気ではありません。
なので、ソフトとバレーの順番をどうするかで悩みました。
人が多いのは好きではありません。
見たところ、ソフトの人数が多かったので、バレーのところに座りました。
こうすれば2学期のソフトでたくさん打席が回ってくるはず、です。
こうした僕の考えを『一カ年計画』と名づけました。

「分かんなかったら教えてあげる」とバレー上手とはいえない僕がバレー初心者に話しているところ、背後から人影が忍び寄ってきました。
彼らは僕の両腕をつかみ、ソフトボール待機場所へと連れていました。
僕も最初は抵抗していましたが、一人ではどうすることもできないと悟ると、流れに身を任せました。
バレーボール部の彼は、まるで僕の体をモップ代わりにしてフロアをきれいにするが如く、僕を連れていきました。
目を閉じていると一瞬の出来事でした。

ソフトボール選択者の名簿に印がつけられ、僕の『一カ年計画』は道半ばにして終焉を迎えました。
ソフトボールをすることができるのでいいのですが、まあやっぱり……。

そもそも、どうして僕がソフトボールに呼ばれたのでしょうか。
セーフティーバントの巧さに定評があった(過去形)からでしょうか。
センターラインの一員であるセカンドのポジションをこなせた(過去形)からでしょうか。

いいえ、ただの人数合わせです。
誰かを呼ばないとチームが偶数個できないので、こういうことになりました。
僕の他にも呼ばれていましたよ。
先ほどのバレー初心者の人は「しゃーない」といった感じでやってきました。
逆に、僕以上に抵抗を見せて、なおかつ逃走を図ろうとした人もいました。
かくいう僕も、ほふく前進でバレーボール待機場所に戻ろうとしていましたが。

さあ次回からはソフトボール、と言いたいところですが、4月は体つくり運動&スポーツテストです。
最近はめっきりジョギングをやらなくなってしまったので、シャトルランの成績が1年生のころの記録にV字ターンしないか心配です。


では。

Comment

2010.04.12 Mon 23:32  |  

たなつねさん

人生には人をおんぶして三階まで階段をのぼらないといけないような辛いことがたくさんあります

でも頑張ってくださいね

  • #-
  • おんぶ好き
  • URL

2010.04.13 Tue 22:31  |  

たぶん手堅いプレーに定評があったんでしょうね。
体力テストは無いんですか?

  • #-
  • Cusillu
  • URL

2010.04.20 Tue 17:47  |  コメントの返事

>おんぶ好きさん
そ、そうなんですか。

>Cusilluさん
別に手堅くはないんですけど。

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

プロフィール

たなつね

Author:たなつね
生年月日:1992年8月27日(21歳)
性別:男
血液型:B型
現住地:日本 佐賀県佐賀市
職業:大学生

ブログランキング

最近の記事+コメント

月別カレンダー

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

カウンター

ブログ内検索

ブログバロメーター

リンク

ジョギングの記録

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
15113位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大学生
511位
アクセスランキングを見る>>
Copyright © たなつね
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。