スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旧友

こんにちは。


小学校のころ、東京へ転校した友達と、久しぶりに会いました。
6年ぶりの再会です。

これまでも、年賀状を送り合うなどして連絡は取り合っていました。
今回、彼が佐賀に来るということで、それならばと、会う機会を持つことになりました。

1時半に、佐賀城鯱の門にて待ち合わせました。
6年ぶりに見る彼の姿、あのころより大人びて見えました。
小学生以来だからそう見えるのは当たり前なのですが、僕の中での彼の姿は小学生の彼のままだったので。
でもやはり面影は残っていて、すごく懐かしく感じました。

彼もそうだと言っていたので言いますが、彼はいわゆる問題児でした。
小学3・4年のころは毎日のように数学教材室に呼び出され、1時間くらい説教されていました。
PTAでも、あることないこと噂されていたようで。
そんな彼でしたが、考えることはすごく大人びていました。
今彼は、音楽大学の附属高校で、ピアニスト目指して頑張っています。

鯱の門前でしばらく会話していましたが、昼食がまだだったので食べに行こうとなりました。
と言ったものの、「豚骨ラーメンを食べる」ことしか決まっておりませんで。
彼は徒歩だったのでそんなに遠くにも行けず、近くのよく行くお店へ行きました。
お店への道中、聞きたいことはたくさんあるけど何から言っていいのか分からなくてもやもやしてました。

お店はいつもより混んでいました。
2人でゆっくり食べたかったのですが、残念ながら相席ということに。
これはしょうがないか。

食べ終わって、佐賀城本丸歴史館へと向かいました。
彼は歴史が好きなようで、僕が「こういうのが出来たよ」と言ったら興味を示してくれました。
僕は何回も行っているので、まあ別にという感じだったのですが、彼をお招きしている立場なので。
もう出来てからしばらく経ったような気がしていましたが、彼が佐賀にいたころはまだなかったんですよね。

その後、一緒に過ごした母校の小学校に行きました。
校門だけ見て帰るつもりだったのですが、なんとなく中まで入っていきました。
僕も佐賀にいながら小学校に来るのは卒業式以来です。
あの頃から背も伸びて、見える景色もだいぶ違っていました。
実は卒業後に耐震工事のため外観も内装もかなり変わっていて、本当に見える景色が違ったんですけどね。

校舎の中まで入りました。
廊下で何人かの先生方と会いましたが、何も言われなかったからいいんでしょう。
本当にあのころとは全然違っていて、机やいすが残っている程度でした。
お世話になった教室にも行きました。
指を突っ込んで遊んでいたヒーターはなくなり、エアコンが設置されていました。
どう考えても使いそうにない、大型の薄型テレビが設置されていました。
あの頃のままなのは、給食台とロッカーくらいでしょうか。
全然印象違いました。

そういえば僕が5年生のころは、毎日図書室に通って本を借りていました。
2年生の女の子と、「年間貸し出しランキング」でデッドヒートを繰り広げていました。
9月度1位で「図書館だより」に僕のインタビューが載ったりしたんですけどね。
結局、180冊対188冊くらいで僕は2位でした。
あれは、持っていた「二冊貸出券」の差ですかね。
「図書館まつり」でもっと「二冊貸出券」集めれば勝ってたかもしれません。

そんな思い出がある図書室に通じる渡り廊下に、「今日は本の貸し出しをしていません。月曜日に来てね」という張り紙が張っていました。
その張り紙の下に、あの頃と同じ図書室の先生の名前が書いてありました。
若い女性の先生で、「図書館だより」のインタビューを受けたときは緊張していたような気がします。
学校のホームページに(この個人情報保護の時代に)顔写真付きで先生の紹介が載っていたのですが、僕が知っているのは、図書室の先生も含めて3名だけでした。
時の流れを感じますね。

で、図書室のほうへと行こうと扉を開け、渡り廊下に出た瞬間、足元がぬちゃっとなりました。
ええ、まだコンクリートが乾いてなかったんですね。
ちょっとこれは大変なことをしてしまったみたいですね。
まあまさに、「母校に足跡を残した」わけです。

校舎を出ると、遊具のほうに行って、久しぶりに遊具で遊びました。
これも、誰からも何も言われなかったのでいいんだと思います。
小学生のころは遊べていた遊具も、高校生ともなるとなかなか遊べませんね(身長的に)。
でも、遊具って楽しい。
給食食べ終わったら駆け足でグラウンドに行ってた頃が懐かしい。
(とか言ってる僕は、給食後は図書室に向かってましたけどね)

母校をじゅうぶん楽しみ、今度は僕の家に行きました。
「中学の卒業アルバムが見たい」ということだったので、あの卒業アルバムを出してきました。
「この子によくつねられてた」とか、思い出話に花を咲かせました。
今も同じ高校の人を教えましたが、そう考えると他の人たちはどこに進学したんだろう、気になります。
ピアノの演奏も聞かせてくれました。

バス停まで行って、バスが来るまで30分間も思い出話をしていました。
小学校の頃の話なんて、高校ではまずしませんからね、懐かしいです。

バスが来ると、最後に握手をして、別れのあいさつをしました。
次に会えるのがいつかは分かりません。
ベタなドラマみたいにバスを追いかけたりはしませんが、名残惜しくバスを見送りました。

わずかな時間でしたが、すごく楽しい時間を過ごせました。
いつかまた必ず、会いたいと思います。


では。

Comment

2010.03.14 Sun 11:05  |   

なんだか、今日は感動的な話ですね・・・
「二冊貸出し券」のくだり以外は。

  • #yxGS7HWk
  • DullDustのT
  • URL
  • Edit

2010.03.14 Sun 11:56  |  はじめまして。

おはようございます。

バスの、お別れのシーンが、悲しいような...。
ベタな..というくだりで~(笑)

小学校以来の、6年って、すごいですよね。


  • #-
  • ぴーち
  • URL

2010.03.23 Tue 00:27  |  コメントの返事

>DullDustのTさん
ちょっと熱くなってしまいました。
たぶん家に余ってるんで、欲しいならあげます。

>ぴーちさん
はじめまして。
やっぱりお別れはしみじみときましたね。
6年とはいいますが、この前会ったのがつい最近のような気もなくはなくはありませんでした。

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

プロフィール

たなつね

Author:たなつね
生年月日:1992年8月27日(21歳)
性別:男
血液型:B型
現住地:日本 佐賀県佐賀市
職業:大学生

ブログランキング

最近の記事+コメント

月別カレンダー

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ

カウンター

ブログ内検索

ブログバロメーター

リンク

ジョギングの記録

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
6122位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大学生
164位
アクセスランキングを見る>>
Copyright © たなつね
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。