スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハウステンボス7

続き。


さあ、メインの花火です。
雨と風が心配でしたが、ちゃんと開催されました。
やったね!!

特別席があるところではなく、運河の対岸の、屋根がついたところから観ました。
だって雨に濡れるから。

それにしても、カップルが多いですねえ。
抱き合って暖を取ったりしちゃって。
たぶんこの中には大学生もいるんだろうなあ。
いつもならいろいろと思うことがありますが、今回は「お幸せに」と思うことにします。

いろいろ話してたら花火が始まりました。
おー、建物が邪魔だ。
下の方で小っちゃくやる花火が見えませんね。
まあ、大きな打ち上げ花火はちゃんと見られるからいいのです。

今回の花火大会は、世界大会に向けた日本予選ということで、趣向を凝らした花火がたくさんありました。
いやー、いいですねえ。

携帯電話のカメラのシャッターを、機械的に押しまくります。
16GBのmicroSD最高や!

最後まで楽しんで、高速道経由で母の実家まで帰りました。
安全運転安全運転。

GW前半の一大イベント終わりです。

あ、撮った写真は近々Facebookに載せるので、興味があるなら僕のページを探してみてくださいね。


では。
スポンサーサイト

ハウステンボス6

続き。


お次はグランオデッセイ。
本日最後のアトラクションです。
世界で一つだけの映画をつくろうっていうね。
映画に自分たちが登場するんです。

まずは、三次元のスキャナーみたいなので、自分の顔を読み込みます。
その読み取った顔のCGが映画に登場するってわけですね。
最後のこのアトラクションが一番楽しかった。

映画のストーリーは、環境が汚染された地球を捨てて他の星で暮らしていた人類が再び地球に戻ってくるっていう、星新一のショートショートみたいなものです。
でもみんな、どれが自分かさがすのに一生懸命で、ストーリーは割とどうでもよかった。
でも、面白かったからいいのです。

それが終わった後、CGの自分の顔が入った写真を買いました。
800円しますが、やっぱり取っておきたいじゃないですか。

グランオデッセイ004

誰だコイツ。

印刷が終わると、花火を観に行きました。
この花火こそが、今回のハウステンボスへの旅のメインなんです。


続く。

ハウステンボス5

続き。


外に出たら、雨が降ってました。
やーねー。

広場ではミュージカル的なものが行われていました。
ミュージカル的なものにそんなに興味はありませんが、屋根がついているところだから。
ミュージカルに出演していたおねえさんが客席までやってきて順番に握手をしていってました。
僕も握手してもらおうと思ってたら、僕のすぐ前で握手終わっちゃった。

雨が降ってると、あんまり外を歩きたくないですね。
というわけで再びカナルクルーザーに乗って、入り口付近まで戻りました。
船をおりたところで雨が止んだので、徒歩で中の方へと入っていきます。
「PHOTO SPOT」という表示を見かけたら、とりあえず写真を撮っておきます。
僕はそういう人です。

ニュースタッド地区という区画に入り、まずはマジックミラーメイズに行きます。
一言でいえば、鏡の迷路ですね。
鏡張りになっているところを、出口目指して進んでいくのです。
向こうから人が来たのでお前誰だよと思ったら自分だった、ってなるところです。

そこを出ると、土砂降りの雨でした。
折り畳み傘を開いたら、傘の骨が折れました。
小学生のころから使い続けてきた折り畳み傘さんさようなら。
近くの売店に入って傘を探し求めたんですが、濡れると桜の模様が浮かび上がる傘とかしかないですね。
僕は普通の傘が欲しいんですよ。

わずかに残った骨でどうにか傘を差して、ミステリアスエッシャーに行きました。
だまし絵で有名なエッシャーの作品がたくさん見られるところです。
正直、美術はよく分かりませんが、こういうところはいいですね。
まあ、テレビとかでもよく出てくる作品ばかりなので、特に新鮮味はなかったですけど。

それから、フライト・オブ・ワンダーへ。
ここは、東京ディズニーランドでいうところの、イッツ・ア・スモールワールドみたいなところです。
イッツ・ア・スモールワールドより、ちょっとアトラクション的要素が多い。
途中、ブラックライトが当たるらしく、献血のときの白パーカーが紫色に光ってました。
「なんじゃこりゃああ!」って恰好してみたけど、暗かったから誰にも気づいてもらえなかった。


続く。

ハウステンボス4

続き。


さらに進んでいきます。
そういえば『逃走中』のロケで使われてたことがありましたっけ。

『ワンピース』のサウザンド・サニー号があるんです。
これに乗って、ハウステンボスの中の運河を移動できるんですね。
が、強風のため、運行を見合わせております、と。

ワンピースに興味はないんですが、せっかくなのでここで記念撮影。
がんばれLUMIXちゃん。
妹の写真を撮って、今度は僕の写真を撮ってもらおうと思ったら、バッテリー切れ。
なんだ、そんなに僕が嫌いか、LUMIXちゃん。
(携帯電話のカメラに)切り替えていく。
携帯電話もLUMIXと同じパナソニックさんの製品なので、嫌われるんじゃないかと心配です。

お次は、ポルセレインミュージアムという伊万里焼の博物館です。
焼き物に造詣が深くない僕にはよく分かりませんでした。
写真撮影OKだったので、とりあえずたくさん写真撮りました。
携帯電話のカメラはカシャカシャカシャカシャうるさいですね。

それからまた広場の方に行って、前日にオープンしたという5D MIRACLE TOURへ。
1時間半待ち。
順番待ちにかけては我が家では右に出る者がいない母上に並ばせて、僕ら兄妹はフジテレビショップに行きました。
いろいろ買いましたが、これ、ハウステンボス関係あるのかっていう。

5d MIRACLE TOURというのは、まあ、ここを見なさい。
まあ、どうでしょうね、映像は凄味がありました。
テスト期間中だからかもしれませんが、もっと5Dを生かしたほうがいいと思いました。

5Dの世界から現実世界へと戻ってきたら、隣にあるゴースト・ウエディング ~カロヨンミュージアム~へと入ります。
お化け屋敷みたいなところ。
でもまあ、そんなに怖いというわけでもなくて、笑いも入ってますよというところ。
母上は終始笑ってました。
そんなに面白かったのか。


続く。

ハウステンボス3

続き。


まずはじめは、カナルクルーザーという船で、中心部まで行きました。
船内でいろいろハウステンボスの案内をしてくれるんですね。
ここ、別荘になっている地区があって、実際に住んでいる人もいるそうです。

船をおりたら、船着場のすぐ近くにあるドムトールンという高い建物に入りました。
どのぐらい高いって、そうですね、すごく高いんです。
100m超す建物なんて佐賀にあるわけないじゃん。

展望台からハウステンボスの様子とか米軍とか見て、ああ、なるほどねって。
バッテリーが残りわずかのカメラを強制労働させて、全方向の写真を撮りました。

お昼は、そのドムトールンの中にあるトルコライスのお店で食べました。
学食の3倍ぐらいの値段しますね。
ランチってだいたいこういうものなのか。
ピエール瀧のサインが飾ってありまして、家族でピエール瀧の話をして盛り上がってました。

広場で、地元の高校の吹奏楽部の演奏が行われてました。
佐世保だとハウステンボスで演奏ができたりするんですね。
うらやましい、のかどうかは知りませんけど。
最後、どういうつながりか、銀河鉄道999を演奏しながら退場していきました。

ちょっと、これ、天気が……。


続く。

ハウステンボス2

続き。


福岡からカメラを持って来てたので、駅からハウステンボスへと向かう橋の上から写真を撮ってました。
と、ここで電池マークが点滅。
もう(カメラのバッテリーが)ないじゃん……。
LUMIXちゃん……。
綾瀬はるかさん……。

人多いですねえ。
クソみたいな飛び石連休でもゴールデンウィークはゴールデンウィークなんだなと思いました。
あんなに並んでるんだからさ、左側のほうの窓口も開ければいいじゃないですか。

だんだんとチケット購入の順番が近づいていたとき、田中家は悩んでいました。
入場券のみにするか、とくとくチケットにするか。
入場券のみというのは、その名の通り入場することしかできません。
有料施設に入る場合、その都度料金を支払わなければいけません。
一方、とくとくチケットは、入場券プラスのフリーパスです。
料金を支払わなければいけない施設もいくつかありますが、たいていの施設には無料で入れます。
毎回料金を払うのと、フリーパスを買ってしまうのと、どっちが安いかを天秤にかけていたんですね。
それで悩みに悩んだ末、入場券のみを購入しました。

中に入ってから、やっぱりとくとくチケット買った方が安くね?となり、とくとくチケットを買いました。
一家そろって優柔不断なんだから。
とくとくチケット単独だと、入場券と一緒に買う時より100円高くなります。
はい、300円の損。


続く。

ハウステンボス1

こんにちは。


佐賀に帰る2日前、親と電話したところ、「連休中ハウステンボス行こう」と言われました。
いや、ちょっと、ハウステンボス行くとなると若干の心の準備が必要じゃないですか。
2日前に言うのはいきなりすぎるって、もう。

というわけで、30日の土曜日、ハウステンボスに行きました。

朝は8時前に起床。
9時過ぎに佐賀を出発する特急に乗るのです。

佐賀駅に向かうバス停で、近所に住む作家さん夫婦と偶然会いました。
作家さん夫婦は有田陶器市に行くそうです。
なるほど、今は陶器市やってるんですね。

電車の時間まで時間がないということで、僕はバスを降りて走らされました。
走って改札のところまで行って切符買って来いというわけですね。
周囲の目線を集め……たりはしなかったですけど、駅構内を1万円札持って走ってですね。
家族の人数分切符を買って時計を見たら、全然時間あるじゃん。
切符6枚も出てきた、やべえ、とか思ってたら、乗車券と特急券じゃん。

特急ハウステンボス号という、ハウステンボスに行くためだけに作られたような車両に乗ります。
座れる席はなく、当然のごとく通路に立ちっぱなしです。
こんなにハウステンボス行く人いるの? いいえ、有田陶器市です。
作家さん夫婦たちが上有田で下車すると、車内はずいぶん空きました。
座れました、ドリンクとか弁当とかを置くようなところに。

駅ホーム「ハウステンボスウウウウウウウ、ハウステンボスです」


続く。

プロフィール

たなつね

Author:たなつね
生年月日:1992年8月27日(21歳)
性別:男
血液型:B型
現住地:日本 佐賀県佐賀市
職業:大学生

ブログランキング

最近の記事+コメント

月別カレンダー

04 ≪│2011/05│≫ 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

カウンター

ブログ内検索

ブログバロメーター

リンク

ジョギングの記録

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
9278位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大学生
240位
アクセスランキングを見る>>
Copyright © たなつね
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。